忍者ブログ
このブログが直接の原因で会社を辞めざるを得なくなった。。。 (古い順にUPしてあります)
<< 08  2019/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    10 >>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3月いっぱいで辞めると宣言してからは、常務と部長の機嫌のいい事機嫌のいい事。
ただ2人にハメられたかな??との思いもあるが・・・。

退職宣言してからは、常務の
クドクド クドクド クドクド は、ピタッと止んだ。


社内的には3月はじめになってから発表すると言う事だが、応援・心配してくれていたメンバーには宣言のすぐ後に報告した。
応援してくれていたメンバーには申し訳ない思いだったが、逆に
「よく決断したな。応援してたけど、サスケがこれ以上悩んでるのを見る方がツライかったわ! これからが大変やけどガンバレよ」 と言ってもらったり、壮行会と称して飲み会を数回催してくれたりと逆に激励を受けた。

仕事は相変わらずない状態で、別に俺がいてもいなくても一向に差し支えはないし、有給も40日以上残っていたので本格的に転職活動をする事にした。
一般的には景気が回復し始めて、求人率もバブルに迫る勢いと言う事らしいが、それは主に首都圏の話で関西圏は厳しいの一言。
特に俺がしていた職種と言うのは景気のいい時も少なかったが、悪い時はなおさら、増して年齢的・年収的なことを加味するとさらに絞られる。


3月いっぱいで辞めると言う事だが、実質は16日までは出社するが後の2週間は有給消化と言う事にした。 スグに引継ぎする事にしたが、殆ど仕事らしい仕事もなかったので、引継ぎと言っても口頭で事足りる範囲だ。
部長に引継ぎの内容の話をしたら、
「書面にまとめてくれ」 と言う。
書面にまとめてもほんの3~4行で終わってしまうから 「口頭ではダメですか? まとめても4行ぐらいですよ」


「忘れるからまとめてくれ」 と譲らなかったので、家に帰ってパソコンで作成して翌日に手渡した。

それから数日経った時、部長がエクセルで作った表を見せながら、
 「引継ぎの内容、もう一度これに書いてくれ」 と言い出した。
見ると、俺が提出した引継ぎ表の一部の文言を変えて作ってあるだけだ。しかも表組みが長すぎたり短すぎたりしている所があるので書きづらいったらありゃしない。。。
オッサンも毎日暇なので、こんな表を作って暇つぶししているのだろうが、
そこまで作ったんなら後の内容は自分でヤレちゅうねん!
俺が手書きしても、またそれをオッサンがワープロ打ちするんやから二度手間もいいとこやろ!!


やる事なす事がズレてて、ほんまアホやな このオッサン!


ブログランキングに参加中
人気ランキング ← クリックしてね!
PR
辞める宣言してから直後に、これまでの経緯を書いた 「誰が反省なんかするかぃ!」 と言うタイトルのブログを立ち上げた。
いまのこの 「ブログが会社にバレちゃった」 の前のブログだ。

会社の全PCのIPアドレスは全部調べてあるし、ドメインと共にアクセス制御して会社のPCからはアクセス出来ないようにし、加えて検索ロボットよけのタグも埋め込んで、検索エンジンでも引っかからないように完全武装してのブログのはずだった。

しばらくしてアクセス解析をみるとブロックはしているものの、またオッサンのパソコンからと思われるアクセスがあったのには驚いた!
何故かは分からないが、ある検索エンジンだけは完全によけ切れなかったみたいだ。。。

俺もしつこいが、それ以上に
オッサンもしつこいのぉ~
ヘビみたいな性格やで! どうせサスケの事やから、またブログやってるはずやと思って検索しまくっとたんやろなぁ~。
まあとりあえずは
ご名答!! とでも言っておこう!!
もし追求されたところで、「違います!」 と言い張るつもりだったが、完全に退職するまでは大人しくしているのが得策だと思うし、ここでまた大問題にされないとも限らないので、一旦 休止する事にした。

休止にした「誰が反省なんかするかぃ!」 の、リード部分には
個人的に運営していたブログがネットストーカーみたいなアホの上司に見つかる事になり、結果的には会社を辞めざるを得なくなった。
表現の自由と著作権は踏みにじられ、わざわざ問題を大きくし約半年間スポイルされ続け続けた。それでも反省なんかしていないし、するつもりもない。

【やるなと言われた事や、やるなと言った人間に対するギャグのセンスは必然的に冴え渡り、より鋭く過激になり、そしてエンターティナーとしての本質からそれは必ずどこかでやるわけであり、またならねばならない事なのだ】 と、尊敬する筒井康隆先生の文をも引いて書いていた。
休止する事にしたのは残念だったが、それだけに余計モチベーションが上がり、早く3月末が来ないかなぁ!! とウキウキしていた。



ブログランキングに参加中
人気ランキング ← クリックしてね!
オッサンはよほど暇なのか検索しまくり千代子で、それらしいブログを見つけると狂喜乱舞してクリックしていたに違いない。
ブロックされて見れないにもかかわらず、アクセス解析を見ると一日に何十回とアクセスしていた。。。 
それが2~3日続いたかと思うと4~5日は休憩して、また連続して2~3日。 時間的には昼休みと終業時間後が多く、昼休みは食事時間も惜しんでゲームに熱中する傍ら、見れもしないブログに必死にアクセスしている状態。 もうここまでやってくれたら、呆れるどころか拍手モンですわ!



16日までの出社と言う事にしていたから実務の引継ぎの他に、自分がこれまで使用していた報告書や発注書、見積書、単価表などの各種のデータをCDに書き込んで手渡した。
どうやらCDをどうやって開けたらいいのか分からない様子だったので、半分バカにした言い方で懇切丁寧に教えて差し上げた。

一応は理解したみたいだが、おもむろにCDドライブから取り出したと思ったら、
「ハイ、これサスケ君が使ってたデータが入ったヤツ」 と言って女の子に渡していた。
渡された女の子たちも
「えっ・・・?」 と、明らかに困惑した表情をしている。 そりゃそうだ。。。 そんなもん急に渡されたって女の子たちに何をせいっちゅうの???  不得意な事はまたマル投げかいな。

分からんと言うより、オッサンがパソコンで出来ることと言ったら、
インターネットとゲームとエクセルで表組み作り(数値は電卓で計算する) ぐらいなもんで、メールも出来ないし、データの保存と言ってもいまだに3.5インチのフロッピーしか使えないんだから、せっかくMOをつけてもらってもオブジェとしてつけただけになってる。

女の子たちも遠慮気味に
「ハイッて渡されて、私たちにどうしろと言うんですか? サスケさんのやってた事を私たちがするんですか? なぜ部長は管理しないんですか?」 とたずねている。
「ワシも忙しい」 ってことを言いたいのだろうが、それは理由にならんでしょ! 忙しさで言ったら、オッサンよりも女の子たちの方が数段忙しい。
多少煩雑だが単純な仕事でさえ
「女の子に説明してくれ」 と言い出す始末。
俺はもう辞めるし指示通りするしかないので、可哀想に! と思いながらも女の子2人に段取りを説明していたら、
「なんで部長は何でもかんでも私たちにフルんでしょうか? いつも “俺は関係ない” みたいな感じで・・・」 


「・・・

「パソコン買う時も、自分のパソコンなのに私たちにマル投げで後からアレコレ文句言うし、以前ミーティングしてた時も何も話をまとめてくれず、いつもサスケさんが部長の代わりをしてくれてましたし、本社から忘年会とか誘われてもお金だけ出して絶対に行こうとはしないし、二言目には “俺はもう定年やから” とか言い出して・・・やる気あるのかないのか」 
やっぱり思う事はみんな一緒なんやなぁ・・・。 と思いながらも、心を許してベラベラ喋ると、いつまた告げ口されるか分かったもんじゃないので、うなづきながらも淡々と説明に徹した。


ブログランキングに参加中
人気ランキング ← クリックしてね!
退職の日も近づき、各書類の手続き等で常務とやり取りがあったが、離職票の時は 吹き出してしまいそうに なりました。。。(^○^)

以前の離職票の退職理由は ①自己都合 ②会社都合 ③解雇 の3つしかなかったが、最近は自己都合でも細かくその理由を書かないといけないらしい。

俺が何にも知らないと思って

「サスケ君の場合は、本当を言えば解雇にも相当する理由やけど、それにしてしまうと失業手当が出ないから自己都合って事にしといたるわ」 と、それはそれは恩着せがましく言うので、離職票を見ながら

「自己都合にも色々あるんですねぇ。 ふ~ん・・・ 不当な賃金低下や嫌がらせもあるのかぁ・・・」  と言ったら、俺の手から離職票を奪い取るようにして 「サスケ君のは自己都合の転職希望ってところにマル付けといたるわ。 なっ! なっ!」 と、慌てて自分の席に戻っていった (^^♪
ふふふ・・・何を言わんとしているか分かるでしょ?



それから数日の後、退職についての手続きで細々とやり取りがあり、
「何か聞きたい事はないか?」 と尋ねたので、前々から気になっていたことを聞いた。
退職金の事だ。。。


「聞きづらいんですが、どれぐらいの退職金をもらえるんですか?」
普通はあんまり聞かないような事だが、退職後スグに次が決まるとは思わなかったので、今後の生活を考えたらいくら貰えるのかは俺にとっては知り得たい重要な問題だった。

「14年勤めたから300万円前後ってとこだと思うが、サスケ君の場合は謹慎中なので満額は出ないかも知れんなぁ。 3割減って言う話も出とる」

「はぁ?? 何で?」
「謹慎中って・・・! 退職金にそんなん関係あるんですか? 3割減と言う話はどこから出てるんでしょう? 謹慎中は3割減と言うなら、謹慎の解けた6月以降に退職する事にしますので退職願は取り下げさせてもらいます!」


「いや ・・・ あの ・・・ まあ出来るだけ満額出るように本社に交渉、努力したるわ
ちょっと強く矛盾した事をツッコむとオッサンといいジジィといい、必ず醜態をさらしてくれるので、哀れと言うか滑稽ですらある。。。
しかし本社に交渉って・・・。 本社から退職金もらう訳じゃないねんで! 退職金規定に沿って、多少の増減はアンタが決めるんでしょうよ!

最後まで恩着せがましく・・・ 気持ちよく辞めさせてくれないのかと思うと、
「ガッカリだよぉ~~~!」


ブログランキングに参加中
人気ランキング ← クリックしてね!
3月末付けで退職するが実質は3月16日で終わりだ。
ある日 部長が
「退職の挨拶はいつ行くんや?」 と聞いてきたので 「明日行こうと思ってますが・・・」
16日まであと4~5日と言うタイミングで本社やグループ会社に退職の挨拶に行く事と決めていた。


部長が「私もついていった方がいいか?」 と言ったが別に必要もないと思ったし、いるだけ邪魔なので

「いえ結構です。来てもしょーがないでしょ!?」 と丁重にお断りした。

にもかかわらず当日はストーカーのように付きまとい、挨拶している最中でも横にいるだけで、何一つするわけでもなかった。
一番可笑しかったのはある部署に挨拶しに行ったとき、俺のあまりに突然の挨拶だったので、その部署の部長が
「みんな注目してあげて!」 と全員の手を止めさせ場を作ってくれた。
横にはボ~ッと突っ立っただけのウチの部長。全員の視線はウチの部長に注がれている。みんなは辞めるのは俺ではなく、歳の頃から言って定年間際のオッサンだと思っているようだ。

俺が挨拶し始めると全員が
エッ!?!? と、口をあんぐりと開けビックリした表情で、あわてて俺に目を向けた。。。

「辞めるのはサスケさん? 何でぇ??」 と、ある課長が眉間にシワを寄せ、すっとんきょうな声を上げた。

そりゃそうでしょうよ!! 
ついて来て一言も挨拶の 「あ」 の字も言わずに、ただ突っ立ってるだけだもん。 こんな事は最初から分かっていたので俺は 「ついて来なくても結構です」 と言ったんだ。。。
恐らく 「何で辞めるのか」 と聞かれたときに、どう答えるのかをチェックするためについて来たのだろうと思う・・・。 オッサンは北朝鮮の監視員か!

その日は全社的に打ち合わせ中や外出しているのも多かったので、明日あさってと3日間に分けて挨拶回りする事にしたが、オッサンがついて来たのは初日だけで、あとはついても来ずPCゲームに熱中していた。
何かにつけて中途半端なオッサンやで! 他に仕事があるならまだしも、行くと決めたら最後までついて来んかい! ついて来られたらイヤやけど・・・(^^♪



ブログランキングに参加中
人気ランキング ← クリックしてね!
2~3日かけて挨拶回りをした。

大半は
「辞めたら困るやないか!」  
「サスケ君がおれへんようになったら仕事進まんなぁ」 
「次に行ってもお前の事やから、みんなに可愛がられて楽しく仕事するんやろなぁ」
と、お世辞であったとしてもその反応は俺にとって大変嬉しく有難いものだった (^_^)v

中には
「オッ? ついにお笑い界に進出か?」 なんて言い出す奴もいたりして。。。
有難い事にどの部署でも 「まだ辞めるまで2~3日あるから飲みに行こう」 と誘ってくれたりして、別れを惜しんでくれているような感じだった。ある部署の部長ただ一人を除いて・・・。

その部署の部長は横柄で慇懃無礼な言動を取るという事では有名な奴で、こちらが強い態度に出ると手のひらを返すように下手に出て言い訳がましい事をくっちゃべる女々しい部長だったが、最後の挨拶ぐらいはちゃんとしようと思った。

「今月いっぱいで・・・」 と言い終わらないうちに

この絵のように、目を合わせることも、一言もなく “シッシッあっち行け” と言わんばかりのポーズで追い払われた。

「今まで有難うございました」 と軽くお辞儀だけしたが、ムカッときて聞こえるように 「エエ歳して挨拶もろくに出来んのかいな」 と捨てゼリフを吐いてそこを後にした。
(あ~ぁ~ またやってしもたなぁ)と自己嫌悪におちいってた時、後ろから課長を先頭に2~3人の後輩や女子社員が駆け寄ってきて 「悪いなサスケ、ウチの部長・・・。まあ今に始まった事ではないねんけど・・・」 

「またやってしもた・・・ と反省してたんです。 俺の態度で周りの人に気ぃ遣わせてしまって・・・スイマセン」
課長らのその一言で救われた気になったが、確かに俺も配慮がなかった(-_-;)




その夜は送別会ならぬ、 “壮行会” と称して男女20人ぐらいが集まってくれて飲めや飲めやの大宴会 \(◎o◎)/

5軒ほど行ったらしいが、3軒目の途中あたりで記憶がなくなっている。。。どうやって帰ってきたのかも分からない。
どうせ俺のことだから、暴言やセクハラまがいのオンパレードだろうなぁと、後日主たるメンバーに俺の様子を恐る恐る聞いてみた。。。


A男 : 「結構酔ってたよな! 全部で5軒行ったンやで! なにっ!覚えてない?? シモネタ全開やったけどメッチャおもろかったわ! みんな声枯れるほど笑ってたで。。。」

B男 : 「2軒目の店で●●課長の頭 “ハゲハゲ!” 言うてペシペシ叩いてたなぁ~ 冷や冷やモンやったけど、久々にサスケ節 炸裂やったな!」

●●課長 : 「俺の後頭部が痛いのは、お前にさんざん叩かれたかららしいけど、俺も覚えてないんや~~」

C男 : 「3軒目の店で、向こうの方に座ってたOL3人組みをスカウトしてきて、自分の横にはべらせてたなぁ~ そんな性格羨ましかったわ!」

D子 : 「私の胸さわらせてくれって言うから、“エエよ!” って言うたら急に大人しくなって(笑)・・・サスケさん案外根性ナシなんやなぁ~ えっ?覚えてないの?」


やっぱり相当ハジケてたみたいね!俺・・・(ーー゛)



ブログランキングに参加中
人気ランキング ← クリックしてね!
16日が来た。
業務的には今日で終わりだが30日には正式に挨拶に、4月2日には離職票を取りに来なくてはならない。
常務ととしては何かと配慮してくれているような感じではあったが、実質的には後を追われる様な形で辞めていく事になる。
女の子たち2人もポーカーフェイスなので何をどう思っているのか分からないし、部長にいたっては
「どうせ30日にもう一回来るんやろ」 と、歯牙にもかけない態度で直属の上司からの言葉は一切なかった。


常務からは改まったように、これまでの俺に対する評価を中心とした話があり、その内容は要約すると次のようなものだった。

①誰からも好かれ人当たりはいいが、喜怒哀楽がスグ顔や態度に出るので、もっと自分の感情をコントロール出来るようにしなさい。

②ヤル気にムラがあり、自分の意に沿わない事には非協力的だが、キャラクター的には憎めないものがあるのは人徳か。

③担当者レベルでは絶大的とも言える評価があり信頼を得ているようであるが、これからは年齢的にももっと立場が上の人からも信頼を得れるようにならないといけない。


最後に 「これまで色々とあったがご苦労さん」 と締めくくって、業務最後の日を終えた。




30日の正式退職の日を向かえた。
神妙に最後の挨拶を終えた後、常務からは退職金の話についてあった。


「3割減って話もあったが、交渉に交渉を重ねて満額出るようにしたった・・・・  

“したった!” って・・・。 まだそんな恩着せがましいこと言うのか (ーー゛)
でも貰えるものは満額欲しいので、俺も白々しく


「うわぁ 有難うございますぅ~! こんな問題を起こした私に、大変よくしてもらって何とお礼を言っていいのか・・・」 
役者やのぉ~! (^◇^)

 “喜怒哀楽がスグ顔や態度に出るので、もっと自分の感情をコントロール出来るようにしなさい” と16日に注意を受けたとこなのに、もう早や実践できなかったってとこか (^_-)-☆

つづいて離職票の説明があり、執拗に離職理由についてこだわりを見せ、他の所は隠すようにして自己都合の 転職を希望 の欄に○をつけさせられ確認の署名をさせられた。
その気になりゃ労働基準監督署でひっくり返す事はできるが・・・(^^♪ まあいいか!
その後に念書を取り出し、 「これにサインしてくれ」 と。
見ると、一番初めに
【辞めてからでもブログなどに会社の事を書かないように】 と書かれてある。。。

職務上知り得た秘密を漏らしてはいけない。辞めた場合も同様とするとの事なら話は分かるし当然だと思うが、 “会社について一切の事をブログに書いてはいけない” という意味であるなら、「表現の自由」を保障する憲法21条に抵触するので、念書自体が無効だ。
“会社について一切の事をブログに書いてはいけない” としか読み取れないので、こんなのは無効でサインしたところで問題ないと判断したので機嫌よく 「ハイハイ」 と署名した。
どこまでもがんじがらめにしておきたいらしい。




続いて部長から話があり、(へぇ~ オッサンから話? 珍しい・・・)と思いながら聞いていた。

「ブログにあんな事を書かれて気分害しているのに、これまでついに一言もサスケ君からは謝りの言葉はなかったなぁ。それが残念や」

へェ??(ー_ー)!! なに言ってるん? この人・・・。
つまり全員の前で謝罪はしたが、個別に謝罪がなかったと言うのが不満らしい。
もう今日が最後なので今さら反論する気も何もないが、オッサンにとってはずっと気にしていた事なのらしい。。。


今まであえて押し黙っていたのかどうかは知らないが、これまでの恨みつらみ(?)を散々言った後、 「早く次が見つかるといいな」 と言って話は終わった。



ブログランキングに参加中
人気ランキング ← クリックしてね!
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/27 アシタカ]
[09/08 ゾッチャ]
[06/28 JS]
[06/15 SWD]
[03/21 JUN]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
雷切
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Copyright (c)自棄瑠廃怒 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]