忍者ブログ
このブログが直接の原因で会社を辞めざるを得なくなった。。。 (古い順にUPしてあります)
<< 09  2018/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[85]  [86]  [87]  [88]  [89]  [90]  [91]  [92]  [93]  [94]  [95
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

俺は別に女性蔑視論者ではないと思っているが、今日「妻の逆襲!もう限界!!“熟年離婚”回避スペシャル」 と言うテレビ番組(再放送)を見てムカムカした。

いま熟年離婚が増えていて、特にダンナが定年或いは子供達が結婚したりして子育てが一段落したところで妻から一方的に離婚を切り出される事が多いと言う。
実際の離婚原因の多い事柄を整理し、そうならない為に様々なジャンルのリストを作って男にチェックさせていたのだが、そのリストがまた
くだらない と言うか そんなん理由にならんやろ と言うようなものばかりだった。

そのリストの中には実際に離婚に至ったケースで

?便座を下げない
?携帯、財布の中身を見せたがらない
?ねえ聞いてる?とよく言われる
?服は脱ぎっぱなし
?ケンカして物を投げたり手を上げたことがある
?は別として、順に切っていこう。

?はダンナが小便をしたまま便座を下げないから、嫁が用をたす時にお尻がはまってしまうからイヤだと言うもの。
そんなん自分がする時に気をつければいい事で、自分の不注意を何ダンナのせいにしてるねん!と思う。娘二人も同じ事を言っていたなぁ。

?は最近こそないが、ウチの嫁も携帯をチェックしたがった事があった。自分はチェックさせないのに・・・。
チェックされるから疑わしいメール(やましい事はない内容)や着信履歴は帰宅前に消すが、消せば消したで「こんなに少ないはずはない」と疑う。見れば疑わしく思うとかイライラすると分かっていながら何故見たがるのか不思議でしょーがない。

?はまあ男の方も悪いが、「いま話しかけていい?」と一言付け加えればいい事であって、逆にこっちが話しかけても生返事で返される事だって多分にある。こんなのはお互い様だ。

?脱ぎっぱなし・やりっ放しはやっぱりよくない。
これは性格的なこともあるが親の躾の問題でもあると思う。ウチの嫁は
やったらやりっ放し・開けたら開けっ放し・使ったら使いっ放し 注意すれば逆ギレ!15年間言い続けてもほとんど直らないねんから・・・。 いい意味で “ こんな奴なんや ” と思えばどぉって事ないけど、そう思えるまでが大変なんだな〜(ーー゛)

?これは経験済みの俺としては複雑な思いだ。
どんな理由があったとしても手を上げるのは良くないと思う。しかし少しだけ言い分けさせてもらうとすれば、
そこまで追い込んだのは誰やねん? と言いたい。
普段から暴力的な男は論外だが、口喧嘩では男はどうしても負けてしまうし、感情的になった女は何を言っても一方的に決めつけと思い込みで
口激 してくる事がよくある。
“窮鼠猫をかむ” ではないが、追い詰められたら後に残されている反撃の手段と言うか、プライドを守れる事と言えば物に当たるか手を上げてしまうことぐらいしかないと思う。

まあしかし喧嘩両成敗だから、どっちがどうとは一概には言えないが、ゲストの一人が言っていた
“ありがとう”と言う言葉は大事だ と言う言葉には共感したなぁ〜!
それを嫁はどう聞いていたのか気になるところだが・・・。


壮観
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/27 アシタカ]
[09/08 ゾッチャ]
[06/28 JS]
[06/15 SWD]
[03/21 JUN]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
雷切
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Copyright (c)自棄瑠廃怒 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]