忍者ブログ
このブログが直接の原因で会社を辞めざるを得なくなった。。。 (古い順にUPしてあります)
<< 06  2018/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>
[152]  [153]  [154]  [155]  [156]  [157]  [158]  [159]  [160]  [161]  [162
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

結局7月のボーナスはペナルティーと言う名目で約10万円ほど減給されたが、それでも正式な裁定ではないと言われた。
常務と女の子たちとの話し合いの中で、常務が
どないせぇちゅうんじゃあ~! と怒鳴ったのは、ボーナスの減給と言う形で事の収拾を図りたかったのが、それでは女の子たちが納得せず、さらに追い討ちを掛けるような発言をしたからであろうと思われる。

その後は特に目立って何か動きがあったわけではない。あるのは常務のネチネチ・クドクドと嫌味の言葉だけだった。
ある時仕事上でちょっとしたミスがあった。
この事で注意や叱責を受けるのは仕方がないが、これ見よがしにブログの内容を引き出して全然解釈の違うことを言われると不快感を覚える。

「サスケ君はブログに、“メッセンジャーみたいな仕事はイヤや!そんな仕事はやってられるかぃ!” と書いてたのぉ! そんな事言う割には、君はそのメッセンジャーすら出来てないやないか!」

と言うのでブログを確認すると、
違う違う、全然違う! 俺はこう書いていたのだ。
【本社は何か失敗すれば、その上司は責任を取らずに担当者が罰せられるので、担当者は窓口と言うよりもただのメッセンジャー にならざるを得ない】 

プリントアウトした俺のブログに色々とアンダーラインを引いたり、付箋を付けたりして何度も読み返した後がうかがえるにもかかわらず、事あるごとに何やかんやと書いたことを引っ張り出し、こじ付け、全然違う意味合いで俺を責める材料にしている。

「サスケ君は人の事は平気でボロクソに書いて謝りもしないが、自分が書かれたら烈火のごとく怒り、謝罪を求めるタイプやろな」

「自分の事は棚にあげて、人のアラ探しをして辛辣に批判する奴や」

「ブログの内容を読めば、結局サスケ君は品格のない人間やっちゅうのがよく分かる」


と、まあそれはそれは、全然当たらない安モンの占い師みたいに言いたい放題くっちゃべってくれましたわ!
あんまり黙ってるのもシャクだから、
「ブログを論文のように読むのはナンセンスとしか言いようがないです。謝らないと言うのなら、勝手にプリントアウトされ著作権を侵害された事に対しても謝ってもらってないですよね。本来は知らなかったでは済まされないことです。
それに書いた内容でその人の品格が決まると言うのであれば、官能小説家は淫乱極まりない人格なんでしょうか?評論家は評論や批評が一切出来なくなりますね。。。」

出来るだけ穏便に済ませてやろうと言う配慮をしてくれている常務だが、的はずれなことを言われて納得できなかったので、初めて反論した。
一瞬目をギラッとさせて何か言いたそうだったが、その場はそれで収まった。



ブログランキングに参加中
人気ランキング ← クリックしてね!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/27 アシタカ]
[09/08 ゾッチャ]
[06/28 JS]
[06/15 SWD]
[03/21 JUN]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
雷切
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Copyright (c)自棄瑠廃怒 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]